一覧へ戻る

植物

Plant

  • 植物

4/25 2018

春から初夏はコケの時期?
コケのお花見を楽しもう!

小さな小さなお花見をしよう!

春から初夏にかけて、毎年楽しみにしていることがあります。街や山を歩いていても、そのことばかりが気になってしまいます……。

この時期の主役と言えば、フレッシュな若葉や可憐な花たち。しかし、私が心おどらせるものは、ふだんは脇役に見られがちな、小さな小さな植物――「コケ(苔)」。私にとってコケこそが主役です! 春から初夏は1年の中で変化に富んだ時期ですが、じつはこのコケも季節の変化を十分に楽しませてくれる存在なのです。

目線をぐっとさげただけで、コケが主役になる

みなさんは、「コケの花」の存在を知っていますか? 花と言っても、実際にはスミレやサクラのような花ではありません。

ふつう、花を咲かせる植物は、おしべの花粉が虫や風によってめしべまで運ばれて受粉・受精し、種子をつくることで繁殖しています。それに対して、コケは花を咲かせず、シダ植物のように胞子によって繁殖する植物です。わたしたちが「コケの花」と呼んでいるのは、この胞子をつくる、コケのからだの一部分「胞子体(ほうしたい)」のことです。胞子体の先端の蒴(さく)の中につまった胞子が成熟すれば、風にのって散布され、次世代へと繋がっていくのです。
この「コケの花」はいつでも見られるわけではなく、種類によって胞子体が伸びるタイミングが異なります。春か秋に伸びるものが多く、特に春から初夏にかけて胞子をまく種類は特徴的な胞子体を観察できるので、絶好の“コケの”花見シーズンになるのです。

お花見にぴったりなコケ

都市部の公園から山地の森林にも生えるコツボゴケは、よく出会うコケのひとつ。コケには、卵をつくる造卵器と精子をつくる造精器が同じ株につくタイプ(雌雄同株)と、別々の異なる株につくタイプ(雌雄異株)がありますが、コツボゴケは後者。しかも雌株と雄株の違いがわかりやすいため、観察のしやすさも魅力です。

コツボゴケ。お花のような雄株(手前)と
胞子体が伸びている雌株(奥)

雨の日のコツボゴケ。
雄花盤が水をためやすいのがわかる

雨を利用した受精方法も特徴的で、雄株はスプラッシュ・カップとも呼ばれる、雄花盤(ゆうかばん)という生殖機能をもちます。茎のてっぺんがカップ状になることで雨水がたまりやすくなっており、雨水がたまるとそこに精子が泳ぎだします。さらに次の雨粒があたると精子を含んだ水がしぶきとなって飛び散ります。

精子が雌株のもとへ到達できれば幸運の持ち主。さらに造卵器の中の卵にたどり着いて受精に成功するのは、一体どのくらいの確率なのか……それを考えただけでも気の遠くなるような話です。胞子体を見つけるたびに「ちゃんと受精できたんだね」と呟いてしまいます。小さな世界でこんなことが繰り広げられているなんて、想像しただけでもワクワク!! 子孫を残すための工夫に脱帽です。ちなみに、雄花盤はお花のように見えるため、雄株はとても可愛らしい姿。まさにこれも、お花見です。
雨の多い時期(梅雨はコケにとっては恋の季節!)に受精したコツボゴケは、冬を迎える準備をします。秋の様子を見てみると、雌株から若い胞子体がツンツンと伸びています。このまま冬の寒さと乾燥に耐え、春に一気に生長し見頃を迎えます。膨らみ始めた蒴はみずみずしく、逆光で見る胞子体の透明感や色味、繊細なフォルムは、芸術的な美しさ。少しずつ胞子が熟してくると、果実が熟れるように蒴の色も変化します。1年の中の変化だけではなく、「苔の花」自体の変化も楽しみのひとつです。

冬を迎える前のツンツンした若い胞子体
(奥入瀬渓流・10月)

春を迎えると、さらに伸びて蒴が膨らむ
(奥入瀬渓流・4月)

成熟後、胞子は壺状の蒴の先端から散布される
(十和田湖・5月)

見ておきたいおすすめのコケ

春の観察におすすめのコケと言えば、人気No.1のタマゴケです。
名前の「タマ」の由来は、球形の蒴からきています。未熟な蒴は青りんごのようなとても可愛らしい姿で、英名では“Apple Moss”と呼ばれています。しかし、だんだん胞子が成熟するにつれて、青りんごから目玉の親父のような姿に。それもまた、愛嬌があります。胞子をまいた後は、胞子体は枯れてしまうので「タマゴケ」たる姿はまさに春限定。生育場所は山地などの少し自然度の高い場所になりますが、山道脇の斜面や石垣でも見ることができます。コケ好きの間では通称「タマちゃん」の名で親しまれているので、見つけたら気軽に呼んであげてくださいね。

青りんごのような蒴をつけているタマゴケ
(奥入瀬渓流・3月)

目玉親父の姿をしたタマゴケ
(奥入瀬渓流・5月)

もうひとつのおすすめは、ジャゴケです。「ジャ」は蛇のこと。蛇の皮を連想させる葉の模様が名前の由来です。見た目にインパクトがあるので、一度出逢うと忘れられない存在。胞子体も特徴的で、はじめはキノコのような姿ですが、ニョキニョキと柄が伸びてモヤシのようになります。都市の路傍から山地にも自生し、湿った環境を好みます。比較的出会う機会が多いので、ぜひ探してみてください。また、ジャゴケは香りにも特徴があります。優しくこすって指を鼻に近づけてみると……? ハーブのような爽やかな香りの時もあれば、まったりとしたマツタケに似た香りがする時も。生えている環境か、はたまた種類(ジャゴケの仲間は日本で3種確認されている)によって違うのか。どちらにせよ、試してみる価値ありです。

胞子体を伸ばしはじめたジャゴケ
(奥入瀬渓流・4月)

もやしのような胞子体がついたジャゴケ
(奥入瀬渓流・4月)

存在を意識すると、今まで気づかなかったのが嘘のように、景色の中に溶けこんでいたコケが見えてきます。色、形、質感……他にもいろいろな発見があるかもしれません。胞子体が伸びる時期、胞子を飛ばす時期は地域や標高、陽当りなどの条件によっても差がありますが、お気に入りの「コケスポット」を見つけて観察を続けると、毎年の傾向もわかってきます。

「コケの花」のシーズンになると、気になるあの子に会いに行きたくてウズウズ! 歩いていても、立ちどまったり、うずくまったり、なかなか前に進みません。気がつくと数時間経っていることも。でもその「コケ時間」もコケ観察の醍醐味なのです。
見過ごしがちな世界ですが、足元の小さな自然で季節を感じるなんて、とても素敵なことではありませんか? 春の到来が、さらに楽しみになりますよ。

芽吹き前の落葉広葉樹の森で(4月)。
コケの緑が際立つ時期

ルーペはコケ観察の必需品。
初心者は10倍程度がおすすめ

Author Profile

玉川 えみ那

1985年生まれ.青森県十和田市出身.NPO法人奥入瀬自然観光資源研究会(通称:おいけん)事務局 /ガイド.「立ちどまるから、見えてくる」のコンセプトのもと,コケなどの小さな自然をテーマにしたネイチャーツアーや自然学校の開催を通して,奥入瀬渓流本来の魅力や価値を発信している.

Information

このページの上に戻る
  • instagram